フランス国民議会総選挙で反EU派が暴走?マクロン氏勝利なるか

投稿 : 2017年6月5日 更新 : 2020年5月25日
qa-main

先生~6月11日にフランス国民議会総選挙があるじゃないですか。マクロンさんの勝利で決着がついたけどルペンさんの勢いが止まらなくて反EU派が動き出して、また為替が動いたりするんですか?

そうだね。国民議会総選挙次第ではまた為替が動いて、フランスの通貨であるユーロの売り買いが行われるかもしれないし、目が離せないね。

フランス国民議会総選挙の目的と注目すべきポイント

フランス国民議会総選挙

まずどうしてフランス国民議会総選挙が行われるかというと、①マクロン氏にとって優位な状況を作る、②ルペン氏にとって発言権を得るための状況作りの2つが大きな理由だろう。

●マクロン氏にとって優位な状況
現在のマクロン氏が率いる与党である社会党の議席が314議席なので、この議席を増やしどれだけ優位に政治が出来るかが掛かってる。
●ルペン氏にとって発言権を得るための状況作り
現在ルペン氏が率いる国民戦線の議席はわずか2議席。この議席数を多く獲得する事で、発言が通りやすくなるのでなんとしても人気を集めたい。

つまりマクロン氏の率いる与党である社会党もルペン氏が率いる国民戦線も議席を多く獲得するために、選挙で選んで欲しいという思いがあるんだ。

まぁ議席数でいえば圧倒的にマクロン氏の率いる与党である社会党が優位に感じるけど、実はちょっとマクロン氏はピンチになるかも。

どうしてかというと4月23日と5月7日に行われたフランス大統領選挙の時にルペン氏は負けたと言っても第2位の支持率を獲得するほど少なくても今のフランスに不満を持っている人が多いという事だ。


マクロン大統領が完敗する事はないけど、議席を減らす恐れがあるから、今回のフランス国民議会総選挙の注目すべきポイントはマクロン大統領が圧倒的な差で勝利して議席を沢山確保できるか、そしてルペン氏が議席を増やせるかで為替に与える影響は変わってくるね。

フランス国民議会総選挙が為替に与える影響

【フランス国民議会総選挙の速報後の為替予想】
マクロン氏が率いる社会党が優勢 ⇒ ユーロが買われる(EUR/JPYならHIGH)
ルペン氏が率いる国民戦線が優勢 ⇒ ユーロが売られる(EUR/JPYならLOW)

簡単にだけどフランス国民議会総選挙の速報が出た時の為替予想をしてみたよ。

ただマクロン氏が率いる社会党に関しては圧倒的に勝利している場合はユーロ買いが進むけど、ルペン氏率いる国民戦線に押され気味の状態ではもしかしたらユーロの売り買いが急激に行われる可能性があるから、その状況次第かな。

フランス国民議会総選挙の日程

【第1回投票】2017年6月11日(日) 8時~20時 (日本時間15時~翌3時)・・・12.5%以上の候補者が第2回投票へ進む
【第2回投票】2017年6月18日(日) 8時~20時 (日本時間15時~翌3時)

今回のフランス国民議会総選挙の場合はマクロン氏が率いる社会党とルペン氏が率いる国民戦線から選出された候補者がどれだけ票を集められるかがポイントとなるだろう。

そしてフランス大統領選挙のように投票後にすぐに開票し、速報が出るので、為替が動くとしたら第1回投票後の日本時間12日(月)の朝8時頃や第2回投票後の19日(月)の朝8時頃が狙い目でしょう。

為替が動く時は取引チャンス!週明けの月曜に狙いを定めて取引

上記でも説明したけど、東京市場がオープンする朝8時頃に為替が急激に動くと予想されるけど、ハイローオーストラリアのHIGHLOWスプレッド取引は朝8時頃から取引が出来るし、Turboスプレッド取引なら朝9時頃から取引が開始されるし、自分のライフスタイルに合わせて短期取引や少し長めの取引時間で、為替が動くチャンスを狙って取引をしてみよう!!

とくにハイローオーストラリアはペイアウトが2倍と他の業者よりも利益率が高くなんといっても最低入金額5,000円・最低取引額1,000円と他の業者に比べて少ない予算で取引が出来るのが魅力的。

どの業者で取引をしたらいいかわからないとか悩んだ時は参考にしてみるといいよ。

ハイローオーストラリア(HighLow.com)

ペイアウト2.30倍・出金申請1日で出金が可能な業者で出金条件がないためトラブルの原因である出金拒否に合いにくいとして評判が高い!!

ハイローオーストラリア
最低入金額最低取引額ペイアウト通貨数
5,000円1,000円最大2.30倍21通貨
出金方法最低出金額出金条件出金反映日数
銀行振込10,000円なし最短1日

初心者におすすめ!総合評価業者ランキング

ここでは実際に取引検証した中でパンくんが「 勝ちやすい」「 使いやすい」「 初心者向き」の3つのポイントと 損益を考慮して総合満足度が高い順にランキングにしてみました。

そしてパンくんが実際に取引検証して勝率が高い攻略法を業者別に出してるので、取引の参考にしてください。

ハイローオーストラリア(HighLow.com) ランキング1位

ハイローオーストラリア
損益勝敗
1,903,154円 235勝112敗(勝率67.7%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ザオプション(theoption) ランキング2位

ザオプションの業者画像
損益勝敗
630,487円 72勝43敗(勝率62.6%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS) ランキング3位

ファイブスターズマーケッツ業者画像
損益勝敗
515,752円 134勝81敗(勝率62.3%)
最低入金額最低取引額
10,000円500円

ゼン・トレーダー(zentrader)ランキング4位

ゼン・トレーダー画像
損益勝敗
0円0勝0敗(勝率0%)
最低入金額最低取引額
5,000円500円

トレード200(TRADE200) ランキング5位

トレード200の業者画像
損益勝敗
383,955円 69勝48敗(勝率59.0%)
最低入金額最低取引額
20,000円200円

ソニックオプション(SONIC OPTION) ランキング6位

ソニックオプションの業者画像
損益勝敗
357,218円 65勝46敗(勝率58.6%)
最低入金額最低取引額
20,000円500円