米雇用統計発表後のドル売りを狙って20,000円の利益獲得

投稿 : 2017年6月5日 更新 : 2020年5月21日
ハイローオーストラリア

はい。やってきました。パンくんのバイナリーオプション初心者でも利益を出す事が出来るのかのコーナー。

今回は2017年6月2日に発表されて米雇用統計の発表後にハイローオーストラリアで取引をして内容を紹介します。


6月2日に発表された米雇用統計の結果はどうだったの?

まず、取引をした内容の前に6月2日に発表された米雇用統計の結果を確認してみましょう。

《6月2日に発表された米雇用統計の結果》

● 2017/06/02 (金) 21:30
結果 : 13.8万人/4.4%
予想 : 18.2万人/4.4%
前回 : 21.1万人/4.4%

前回や予想よりも米・非農業部門雇用者数が下回っているのでドル売りが進み円高になるという先生の予想が当たったかもしれないと思い、急いでUSDなど動きそうな銘柄を選び今回は取引をする事にしました。

米雇用統計の結果に従って短期取引で取引してみた結果

はい。ここからは米雇用統計の結果を受けて取引をした内容です。

米雇用統計6月2日

今回取引をするタイミングが遅かったようで、もうすでに動きがある状態でした。まぁまだこのまま継続してドル売りがあるだろうと思い、EUR/USDを購入。

米雇用統計6月2日

合わせてUSD/JPYをTurboスプレッド取引で1分間の取引をしたのですが、見事EUR/USD取引成功!!

米雇用統計6月2日

しかしUSD/JPYは勢いにのれず取引失敗。やはりドルに動きがあり、ちょっと購入のタイミングが難しかったですね。


まぁ2回取引をして20,000円分使いましたが、20,000円の払い戻しなので、利益はありませんでしたが損する事はありませんでした。

動きが安定しているHIGHLOWスプレッド取引でも取引をしてみた結果

本当は短期取引だけで終わろうと思ったのですが、HighLowスプレッド取引を見ると動きが安定していたので、取引開始時間すぐを狙って取引をしてみました。

米雇用統計6月2日

今回はUSD/JPYで約10分後に取引が終了するものと、GBP/USDで約15分後に取引が終了するものを選んで取引をしたのですが、なかなかいい感じです。

米雇用統計6月2日

どちらの取引も動きはないにしても範囲内を漂ってくれているのでこれは期待できそうです!!

米雇用統計6月2日

はい。こちらがUSD/JPYの取引結果です。HighLowスプレッド取引では見事勝利しました。GBP/USDはどうでしょうか?

米雇用統計6月2日

GBP/USDも勝利しました。今まで米雇用統計など為替が動く経済指標発表後は短期取引の方が利益が出ていましたが、HighLowスプレッド取引のように少し長い取引時間でも狙い目が沢山ある事がわかりました。

20,000円の利益

今回、Turboスプレッド取引とHighLowスプレッド取引を使い40,000円の投資をしましたが、払い戻しが60,000円だったので、20,000円の利益ですね。いい感じです。


とくにハイローオーストラリアの場合はペイアウト2倍と高めの設定なので、払い戻しが多く、他の業者よりも利益率が高いのが魅力の1つでしょう。

為替が動いている時は取引チャンス!ハイローオーストラリアで一儲けだ

とくに先週トランプ大統領がパリ協定を離脱するとか発表したし、利上げへの期待が膨らんでるらしいので、ドルが動くみたいです。

と、いう事は利益を出すチャンスではないか!!という事で、みなさんもこの絶好のチャンスを利用してハイローオーストラリアで一儲けしましょう。

ちなみに今回取引に使用したTurboスプレッド取引についてはTurboスプレッドの基本情報と勝てるおすすめの取引方法で、HighLowスプレッド取引についてはHighLowスプレッドの基本情報と勝てるおすすめ取引方法で詳しく説明してるので、ぜひ取引の参考にして役立ててみてください。

ハイローオーストラリア(HighLow.com)

ペイアウト2.30倍・出金申請1日で出金が可能な業者で出金条件がないためトラブルの原因である出金拒否に合いにくいとして評判が高い!!

ハイローオーストラリア
最低入金額 最低取引額 ペイアウト 通貨数
5,000円 1,000円 最大2.30倍 21通貨
出金方法 最低出金額 出金条件 出金反映日数
銀行振込 10,000円 なし 最短1日

初心者におすすめ!総合評価業者ランキング

ここでは実際に取引検証した中でパンくんが「 勝ちやすい」「 使いやすい」「 初心者向き」の3つのポイントと 損益を考慮して総合満足度が高い順にランキングにしてみました。

そしてパンくんが実際に取引検証して勝率が高い攻略法を業者別に出してるので、取引の参考にしてください。

ハイローオーストラリア(HighLow.com) ランキング1位

ハイローオーストラリア
損益 勝敗
1,903,154円 235勝112敗(勝率67.7%)
最低入金額 最低取引額
5,000円 1,000円

ザオプション(theoption) ランキング2位

ザオプションの業者画像
損益 勝敗
630,487円 72勝43敗(勝率62.6%)
最低入金額 最低取引額
5,000円 1,000円

ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS) ランキング3位

ファイブスターズマーケッツ業者画像
損益 勝敗
515,752円 134勝81敗(勝率62.3%)
最低入金額 最低取引額
10,000円 500円

ゼン・トレーダー(zentrader)ランキング4位

ゼン・トレーダー画像
損益 勝敗
0円 0勝0敗(勝率0%)
最低入金額 最低取引額
5,000円 500円

トレード200(TRADE200) ランキング5位

トレード200の業者画像
損益 勝敗
383,955円 69勝48敗(勝率59.0%)
最低入金額 最低取引額
20,000円 200円

ソニックオプション(SONIC OPTION) ランキング6位

ソニックオプションの業者画像
損益 勝敗
357,218円 65勝46敗(勝率58.6%)
最低入金額 最低取引額
20,000円 500円