20日(木)ECB理事会後のドラギ総裁発言でユーロが動く!量的金融緩和の縮小を語るか?

投稿 : 2017年7月13日 更新 : 2020年5月25日
qa-main

先生~来週20日(木)にある欧州中央銀行(ECB)政策金利発表でドラギECB総裁定例記者会見がありますね。これが今注目されてるって噂を聞いたんですけど、何か特別な発表とかあるんですか?

そうだね。通常だったらドラギECB総裁定例記者会見はあまり注目されていなかったけど、今回はいつもと違うんだな~。じゃあ今日はこの定例記者会見で何を話すかなど簡単に説明するね。

どうしてドラギECB総裁定例記者会見が注目されているのか?

まずどうしてどうしてドラギECB総裁定例記者会見が注目されているのか?だけど、6月9日(金)に発表された前回のドラギECB総裁定例記者会見では、『ECBがインフレ見通しを引き下げた』『ドラギ総裁が政策変更はまだ先と明確にした』事で、ユーロはドルに対して下落し、ユーロ安ドル高になったんだ。

ただこの発言も少しづつ修正などされて、7月6日(木)の最新情報だと欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのワイトマン独連銀総裁が、『欧州中央銀行(ECB)が異例の刺激策を縮小する余地が拡大したとの認識を示した』んだ。

どうしてかというとユーロ圏の景気回復加速した事が上げられる。

そして7月13日に『欧州中央銀行(ECB)が来年から資産買い入れを段階的に縮小する方針を9月7日の理事会で示唆する公算が大きい』と米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じたんだ。

まぁそんな事もあり、7月20日(木)の20時45分に発表される欧州中央銀行(ECB)政策金利発表が注目されているというわけ。

資産買い入れを段階的に縮小すると為替にどんな影響を与えるの?

自体的に内容はまだ分からないけど、テーパリング(量的金融緩和の縮小)を緩やかには利上げは相当先と説明する感じかなって予想されてる。

今までデフレ回避目的で量的緩和をしていたし、金利も据え置き状態だった。そんな背景もあり前回のドラギECB総裁定例記者会見後にはユーロはドルに対して下落し、ユーロ安ドル高になったけど、今回のドラギECB総裁定例記者会見でなんだかの具体的な金利政策の話があったら逆にユーロがドルに対して上昇し、ユーロ高ドル安になる事もあるだろう。

ドラギECB総裁定例記者会見の内容次第だけど、ユーロが買われる又は売られるなど為替が大きく動くと予想されるから、7月20日(木)の20時45分に発表される欧州中央銀行(ECB)政策金利発表は見逃したら損するよ。

欧州中央銀行(ECB)政策金利発表後におすすめの取引は短期取引

と、ここまで簡単にだけどドラギECB総裁定例記者会見が注目されている理由と、為替に与える影響について話をしてきたけど、こんな時はどんな取引がおすすめかというと、1分程度の短期取引がおすすめだよ。

その中でもハイローオーストラリアのTurboスプレッドは短期取引でもペイアウト2倍で利益が多いし、すぐに結果が出るのがおすすめポイント。

ハイローオーストラリアのTurboスプレッドについてはTurboスプレッドの基本情報と勝てるおすすめの取引方法で紹介してるから参考にして取引に役立てたまえ。

ドラギECB総裁定例記者会見でどんな話をするか分からないからどちらに為替が動くか明確に言えないけど、内容がよければユーロが買われてEUR/JPYなら上昇して、HIGHになる可能性が高い。内容が悪いものだったらユーロが売られてEUR/JPYなら下降して、LOWになる可能性が高い。と頭に入れておこう。

ハイローオーストラリア(HighLow.com)

ペイアウト2.30倍・出金申請1日で出金が可能な業者で出金条件がないためトラブルの原因である出金拒否に合いにくいとして評判が高い!!

ハイローオーストラリア
最低入金額最低取引額ペイアウト通貨数
5,000円1,000円最大2.30倍21通貨
出金方法最低出金額出金条件出金反映日数
銀行振込10,000円なし最短1日

初心者におすすめ!総合評価業者ランキング

ここでは実際に取引検証した中でパンくんが「 勝ちやすい」「 使いやすい」「 初心者向き」の3つのポイントと 損益を考慮して総合満足度が高い順にランキングにしてみました。

そしてパンくんが実際に取引検証して勝率が高い攻略法を業者別に出してるので、取引の参考にしてください。

ハイローオーストラリア(HighLow.com) ランキング1位

ハイローオーストラリア
損益勝敗
1,903,154円 235勝112敗(勝率67.7%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ザオプション(theoption) ランキング2位

ザオプションの業者画像
損益勝敗
630,487円 72勝43敗(勝率62.6%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS) ランキング3位

ファイブスターズマーケッツ業者画像
損益勝敗
515,752円 134勝81敗(勝率62.3%)
最低入金額最低取引額
10,000円500円

ゼン・トレーダー(zentrader)ランキング4位

ゼン・トレーダー画像
損益勝敗
0円0勝0敗(勝率0%)
最低入金額最低取引額
5,000円500円

トレード200(TRADE200) ランキング5位

トレード200の業者画像
損益勝敗
383,955円 69勝48敗(勝率59.0%)
最低入金額最低取引額
20,000円200円

ソニックオプション(SONIC OPTION) ランキング6位

ソニックオプションの業者画像
損益勝敗
357,218円 65勝46敗(勝率58.6%)
最低入金額最低取引額
20,000円500円