9月に米利上げが実施されるって期待してもいいの?

投稿 : 2016年8月29日 更新 : 2020年5月25日
qa-main

先生。ついに利上げについて前向きな発言がイエレンさんからありましたが、9月に米利上げが実施されるって期待してもいいのでしょうか?

そうだね。ただやはり利上げをするための条件がそろう必要があるから、その点を含めて9月の米利上げ説の可能性の話をしようか。

利上げ

まず、利上げをするための条件についてだけど、8月の雇用統計の結果がいい事がもっと大事なんだ。勿論、その他にも経済イベントが沢山あるから8月の雇用統計の数字が全てではないけど、経済状況を見るのに一番適してる数字だし、8月の雇用統計次第では9月の利上げが危ういと言える。

つまりこの8月の雇用統計は全ての投資家が注目してるという事だね。

そして8月の雇用統計の結果がいいと投資家は利上げについて期待する。

と、いう事は今まで円買いに走っていた投資家が、ドル買いに走る。つまり円安方向へと進む事になるというわけさ。

分かりやすくいうとドル/円(USD/JPY)の場合、下降しているのが上昇するという事だ。

8月の雇用統計後の動きを予想してみた

と、まぁ8月の雇用統計次第なのは分かったと思うけど、実際8月の雇用統計はどうなるのかって気になるよね。

じゃあまず、7月の雇用統計の結果から見ようか。

koyotoukei-9moon1

これは7月の雇用統計発表後の相場だけど、前回よりも結果はよくなかったけど、景気が回復してるイメージがついた事もあり発表後上昇してるね。

ただ前回は利上げについて具体的に話が無かった事で一時的な動きだったけど、今回は前回よりも結果がいい場合は急上昇して円安方向に進むと考えられる。

だってこれ見てごらん。

koyotoukei-9moon

USD/JPYの相場だけど、26日にイエレン議長が利上げについて積極的な意見をしただけで停滞していた相場が一気に上昇し、100円台をさまよっていたのに一気に102円台まで回復した。

この急激な動きが8月の雇用統計後にもみられると思う。あ、8月の雇用統計も前回同様、結果がいいと思うし、上昇すると予想されるしね。

ただ毎回言ってるけど、結果は予想しきれないものもあるし、先行指数として9/1(木)の23:00に発表される米・ISM製造業景況指数の結果をチェックする事が大事だな。

どうしてかというと米・ISM製造業景況指数の結果と雇用統計の結果は比例するからなんだ。つまり米・ISM製造業景況指数発表後上昇すれば、8月の雇用統計後も上昇するって予想出来るから。だから9/1の(木)の23:00に発表される米・ISM製造業景況指数も要チェック。

実際に利上げに踏み込むかは9/20(火)~9/21(水)の日銀金融政策決定会合で決まる

そして雇用統計などの数字を見て、最終的に利上げを行うかは9/20(火)~9/21(水)の日銀金融政策決定会合で決まるだろう。ここで9月の利上げ又は○月に利上げをすると発言される事が有力。

もし利上げが決まったら、ドルが買われて円安方向に進むし、104円~106円台までは回復するかもね。

ただ、利上げについて消極的な発言をした場合は投資家が怒ってドル売りに走るから、円高が進む危険もあるし、本当に9月は重要な月になると思う。

事前の発表でこれだけ相場が動くとなると投資家の注目度も高いし、日銀の7月に実施した追加緩和と違って利上げをするとなると大きい変動が相場に現れるだろうね。

急激に相場が動くと事前にわかっていればバイナリーオプション初心者でも勝ちやすいだろう。だから、9月はバイナリーオプション初心者にとって勝ちやすいタイミングだし、これからバイナリーオプションを始めよう 思っている人や興味がある人は迷わずにバイナリーオプションを始めてみよう。

下記で先生のおすすめのバイナリーオプション業者を紹介してるし、まだどの業者で取引をしていいか悩んでる人は参考にしてみてね。

ハイローオーストラリア(HighLow.com)

ペイアウト2.30倍・出金申請1日で出金が可能な業者で出金条件がないためトラブルの原因である出金拒否に合いにくいとして評判が高い!!

ハイローオーストラリア
最低入金額 最低取引額 ペイアウト 通貨数
5,000円 1,000円 最大2.30倍 21通貨
出金方法 最低出金額 出金条件 出金反映日数
銀行振込 10,000円 なし 最短1日

初心者におすすめ!総合評価業者ランキング

ここでは実際に取引検証した中でパンくんが「 勝ちやすい」「 使いやすい」「 初心者向き」の3つのポイントと 損益を考慮して総合満足度が高い順にランキングにしてみました。

そしてパンくんが実際に取引検証して勝率が高い攻略法を業者別に出してるので、取引の参考にしてください。

ハイローオーストラリア(HighLow.com) ランキング1位

ハイローオーストラリア
損益 勝敗
1,903,154円 235勝112敗(勝率67.7%)
最低入金額 最低取引額
5,000円 1,000円

ザオプション(theoption) ランキング2位

ザオプションの業者画像
損益 勝敗
630,487円 72勝43敗(勝率62.6%)
最低入金額 最低取引額
5,000円 1,000円

ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS) ランキング3位

ファイブスターズマーケッツ業者画像
損益 勝敗
515,752円 134勝81敗(勝率62.3%)
最低入金額 最低取引額
10,000円 500円

ゼン・トレーダー(zentrader)ランキング4位

ゼン・トレーダー画像
損益 勝敗
0円 0勝0敗(勝率0%)
最低入金額 最低取引額
5,000円 500円

トレード200(TRADE200) ランキング5位

トレード200の業者画像
損益 勝敗
383,955円 69勝48敗(勝率59.0%)
最低入金額 最低取引額
20,000円 200円

ソニックオプション(SONIC OPTION) ランキング6位

ソニックオプションの業者画像
損益 勝敗
357,218円 65勝46敗(勝率58.6%)
最低入金額 最低取引額
20,000円 500円