5月5日(金)米雇用統計発表後の為替予想とおすすめの取引方法

投稿 : 2017年5月4日 更新 : 2020年5月25日
qa-main

先生~また月に1回のビッグイベントの米雇用統計がやってきます。前回はボロボロの結果でしたが、5月5日の発表も同じような為替の動きになるのでしょうか?

そうだね。じゃあ今日は過去のデーターを元に次回発表の米雇用統計の為替予想をしようか。

そもそも米雇用統計とは何か?

●米雇用統計とは
米・非農業部門雇用者数と米・失業率の総称の事。米雇用統計ではアメリカの景気を知る事が出来る経済指標で結果が良いとドルが買われて、逆に結果が悪いとドルが売られる。

パンくんも言ってたけど、毎月第1金曜日に発表されて必ずと言っていいほど米雇用統計の発表後は為替が動くので、おすすめの取引タイミングと言える。

過去のデーターから為替傾向をチェック

《過去5ヶ月の米雇用統計の結果と為替変動》

● 2017/04/07 (金) 21:30
  • 結果 : 9.8万人/4.5%
  • 予想 : 18.0万人/4.7%
  • 前回 : 21.9万人/4.7%
  • 予想よりも米・非農業部門雇用者数が下回ったためUSD/JPYでは下降した。
    ● 2017/03/10 (金) 22:30
  • 結果 : 23.5万人/4.6%
  • 予想 : 20.0万人/4.7%
  • 前回 : 22.7万人/4.8%
  • 予想よりも米・非農業部門雇用者数が上回ったためUSD/JPYでは上昇した。
    ● 2017/02/03 (金) 22:30
  • 結果 : 22.7万人/4.8%
  • 予想 : 18.0万人/4.7%
  • 前回 : 15.6万人/4.7%
  • 予想よりも米・非農業部門雇用者数が上回ったが、利上げの可能性が後退した事もありUSD/JPYでは下降した。
    ● 2017/01/06 (金) 22:30
  • 結果 : 22.7万人/4.8%
  • 予想 : 17.5万人/4.7%
  • 前回 : 17.8万人/4.6%
  • 予想よりも下回ったがトランプ米大統領誕生前の経済政策への期待感からドル買いが進みUSD/JPYでは上昇した。
    ● 2016/12/02 (金) 22:30
  • 結果 : 17.8万人/4.6%
  • 予想 : 18.0万人/4.9%
  • 前回 : 16.1万人/4.9%

  • 予想よりも下回った事でドル売りが進みUSD/JPYでは下降した。

    5月5日(金)発表の米雇用統計発表後の為替予想

    ちなみに次回の米雇用統計は5月5日(金)21時30分に発表されるんだけど、どんな風に為替が動くか予想してみよう。

    米雇用統計

    上記の画像は前回2017/04/07(金)21:30に発表された後の為替変動だよ。

    予想よりも結果が悪くて急激に下降してるね。ちなみに次回の米雇用統計発表では18.0万人/4.6%と予想されている。

    前回よりも回復すると予想されてはいるけど、今の経済状態では景気が良くなった印象もないし、シリア空爆や北朝鮮との闘いによる地政学的リスクで、ドル売りが進み円高が加速してる事もあり、次回の発表も前回と同じような動きになるかもね。


    しかしこればかりはなんとも言えない。数字の予想は難しいからね。ただ、確実なのは結果が予想よりも良ければドルが買われるし結果が予想よりも悪ければドルが売られるという事だ。

    米雇用統計発表後におすすめの取引方法

    米雇用統計の発表後はかなり為替が動くから短期取引がおすすめ。

    とくにハイローオーストラリアのTurboスプレッドは短期取引でもペイアウト2倍で利益が多いし、すぐに結果が出るのがおすすめポイント。

    ハイローオーストラリアのTurboスプレッドについてはTurboスプレッドの基本情報と勝てるおすすめの取引方法で紹介してるから参考にして取引に役立てたまえ。

    ハイローオーストラリア(HighLow.com)

    ペイアウト2.30倍・出金申請1日で出金が可能な業者で出金条件がないためトラブルの原因である出金拒否に合いにくいとして評判が高い!!

    ハイローオーストラリア
    最低入金額 最低取引額 ペイアウト 通貨数
    5,000円 1,000円 最大2.30倍 21通貨
    出金方法 最低出金額 出金条件 出金反映日数
    銀行振込 10,000円 なし 最短1日

    初心者におすすめ!総合評価業者ランキング

    ここでは実際に取引検証した中でパンくんが「 勝ちやすい」「 使いやすい」「 初心者向き」の3つのポイントと 損益を考慮して総合満足度が高い順にランキングにしてみました。

    そしてパンくんが実際に取引検証して勝率が高い攻略法を業者別に出してるので、取引の参考にしてください。

    ハイローオーストラリア(HighLow.com) ランキング1位

    ハイローオーストラリア
    損益 勝敗
    1,897,154円 231勝108敗(勝率68.1%)
    最低入金額 最低取引額
    5,000円 1,000円

    ザオプション(theoption) ランキング2位

    ザオプションの業者画像
    損益 勝敗
    630,487円 72勝43敗(勝率62.6%)
    最低入金額 最低取引額
    5,000円 1,000円

    ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS) ランキング3位

    ファイブスターズマーケッツ業者画像
    損益 勝敗
    515,752円 134勝81敗(勝率62.3%)
    最低入金額 最低取引額
    10,000円 500円

    ゼン・トレーダー(zentrader)ランキング4位

    ゼン・トレーダー画像
    損益 勝敗
    0円 0勝0敗(勝率0%)
    最低入金額 最低取引額
    5,000円 500円

    トレード200(TRADE200) ランキング5位

    トレード200の業者画像
    損益 勝敗
    383,955円 69勝48敗(勝率59.0%)
    最低入金額 最低取引額
    20,000円 200円

    ソニックオプション(SONIC OPTION) ランキング6位

    ソニックオプションの業者画像
    損益 勝敗
    357,218円 65勝46敗(勝率58.6%)
    最低入金額 最低取引額
    20,000円 500円