4日雇用統計の失敗から学ぶ勝つために心がけるべき3つのポイント

投稿 : 2019年1月7日 更新 : 2020年5月21日
パンくんの取引企画

1.パンくんの経済指標発表後の為替変動だけで儲けたい邪な野望企画

はい、やってきました。!!

パンくんの経済指標狙いでバイナリーオプションでは1カ月間にどのくらい稼げるか?の記念すべき第一回は2019年1月4月(金)に発表されたアメリカ・雇用統計狙いで取引をしてみました。

取引に使用したバイナリーオプション業者はハイローオーストラリアです。

● 実際に取引をして学んだ事
①どちらに動くか分かっていても取引に失敗することがある
②アメリカ・雇用統計の場合経済指標発表前の30秒くらい前から購入すべき

先に結論を言いますと、取引に失敗しました。

そこでこの記事では、実際に取引をしたからわかるどちらに動くか分かっていたのに取引に失敗した理由と、アメリカ・雇用統計の場合経済指標発表前の30秒くらい前から購入すべきだと感じた理由を紹介してます。

バイナリーオプション初心者がよくおちいる取引に失敗する理由にも当てはまると思うのでぜひ取引の参考にしてみてください。


2.1月4月(金)に発表されたアメリカ・雇用統計予想

アメリカ・雇用統計 1月4日(金)

時間前回市場予想発表後の為替予想
22:3015.5万人18.0万人USD/JPYでHIGH

経済指標あるあるとして、前回の数字よりも今回の数字がいいとドルが買われやすくなります。

今回の場合は前回の15.5万人よりも多い18.0万人と市場予想が出てるので、ドルが買われて経済指標発表後はUSD/JPYでHIGHになると予想出来ます。


3.アメリカ・雇用統計の発表に合わせて取引検証した結果

上記でも説明しましたが、予想通り今回はUSD/JPYでHIGHになりました。

しかし取引に失敗してしまったのはどうしてなのかここから実際に取引をした内容を見ながら説明していきます。

1月4日 雇用統計 ハイローオーストラリア

上記の画像はハイローオーストラリアのスマホアプリの取引画面です。

22時30分の発表だったので15分くらい前から準備して待っていました。

20分頃から上昇し、動きがありました。

● 負けた理由①
今回ハイローオーストラリアのスマホアプリで取引をしたのですが数分ほったらかししていたためもう一度レートを読み込む作業を28分頃から行うというアクシデント。
● 負けた理由②
購入のタイミングが遅かった。
1月4日 雇用統計 ハイローオーストラリア

上記の画像はアメリカ・雇用統計発表後の22時30分過ぎのUSD/JPYのチャートです。

丸でした部分は22時29分30秒頃ですが急激に上昇し、購入のタイミングを見失いました。

そして購入を試みたはずが約定できず。

よく聞きく約定拒否ってやつを感じましたね。

1月4日 雇用統計 ハイローオーストラリア

そして上記の画像は判断を間違えてまだ上昇すると予想し、USD/JPYでHIGHで購入した直後の画像です。

● 負けた理由③
まだ上昇すると根拠のない自信で購入した。
1月4日 雇用統計 ハイローオーストラリア

そして上記の画像は取引終了時のチャートです。

USD/JPYでHIGHになると分かっていたのに残念です。

1月4日 雇用統計 ハイローオーストラリア

今回取引に10,000円使い、取引に失敗したので10,000円の損です。


4.アメリカ・雇用統計取引で分かった勝つために心がけるべき3つのポイント

今回取引検証を実際にして学んだ事はこちらです。

雇用統計で勝つために心がけたいこと

    ①アメリカ・雇用統計発表の際は30秒前くらいから購入する
    ②ぐっと急激に為替が動いたり、購入タイミングがずれてしまった時は無理に手を出さない
    ③ぐっと急激に為替が動いた時は反発して今までと逆方向に動くことがあるため動きを常に確認する

基本的な事ですが、バイナリーオプション初心者はとくに①と②は大事だと思うので、心に刻んでこの僕のように失敗しないように取引をしてみてください。

本当に残念でした。HIGHになると分かっていても勝てない。甘酸っぱい初恋のようですね。


5.取引検証に利用したハイローオーストラリアは実は初心者向き業者

ハイローオーストラリア

今回取引に使用したのはハイローオーストラリアですが、実はバイナリーオプション初心者におすすめの業者なんです。

最低入金額5,000円と始めやすい価格設定、そしてペイアウト最大2倍と利益率が高いので、少ない資金で沢山の利益を手にする事が出来る業者だからです。

そして心配される出金拒否もなく、出金申請1日で出金完了する事も検証済み!

そのためバイナリーオプション初心者におすすめというわけですね。

もし業者選びに悩んだ際はハイローオーストラリアを選ぶと損はしないですよ。

ハイローオーストラリア(HighLow.com)

ペイアウト2.30倍・出金申請1日で出金が可能な業者で出金条件がないためトラブルの原因である出金拒否に合いにくいとして評判が高い!!

ハイローオーストラリア
最低入金額最低取引額ペイアウト通貨数
5,000円1,000円最大2.30倍21通貨
出金方法最低出金額出金条件出金反映日数
銀行振込10,000円なし最短1日

初心者におすすめ!総合評価業者ランキング

ここでは実際に取引検証した中でパンくんが「 勝ちやすい」「 使いやすい」「 初心者向き」の3つのポイントと 損益を考慮して総合満足度が高い順にランキングにしてみました。

そしてパンくんが実際に取引検証して勝率が高い攻略法を業者別に出してるので、取引の参考にしてください。

ハイローオーストラリア(HighLow.com) ランキング1位

ハイローオーストラリア
損益勝敗
1,903,154円 235勝112敗(勝率67.7%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ザオプション(theoption) ランキング2位

ザオプションの業者画像
損益勝敗
630,487円 72勝43敗(勝率62.6%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS) ランキング3位

ファイブスターズマーケッツ業者画像
損益勝敗
515,752円 134勝81敗(勝率62.3%)
最低入金額最低取引額
10,000円500円

ゼン・トレーダー(zentrader)ランキング4位

ゼン・トレーダー画像
損益勝敗
0円0勝0敗(勝率0%)
最低入金額最低取引額
5,000円500円

トレード200(TRADE200) ランキング5位

トレード200の業者画像
損益勝敗
383,955円 69勝48敗(勝率59.0%)
最低入金額最低取引額
20,000円200円

ソニックオプション(SONIC OPTION) ランキング6位

ソニックオプションの業者画像
損益勝敗
357,218円 65勝46敗(勝率58.6%)
最低入金額最低取引額
20,000円500円