金曜日の夜は為替が荒れるからバイナリーはやらないほうがいいの?

投稿 : 2020年4月17日 更新 : 2020年5月21日
バイナリーオプション初心者パンくんとモメンタリー先生の授業
パンくん
先生!金曜日の夜は為替が荒れるからバイナリーオプションはやらないほうがいいって聞いたんですけど、本当ですか?
先生
取引タイミングを間違えれば損するから金曜日の夜は取引を避けたほうがいいけど、経済指標狙いでタイミングよく取引するなら利益になるし、どちらとも言えないよ。

金曜日の夜はアメリカ経済指標発表で実は狙い目

金曜日 夜 バイナリー

上記の画像は2019年3月15日の19時頃~16日の朝6時頃までのUSD/JPYを15分足で表示したものです。

パンくん
ローソク足が長いものがありますが、とくに荒れているという感じはしないです。
金曜日 夜 バイナリー
先生
上記の画像の黒で囲った部分はローソク足の動きが大きいね。この22時~深夜1時の間に何があったかというとアメリカの経済指標の発表があったんだ。
パンくん
アメリカの経済指標の影響は大きいし、金曜日の夜は実は狙い目ですね。
先生
しかも金曜日の第1金曜日のアメリカ雇用統計は絶対外せない!!
パンくん
取引タイミングを間違えれば損するからって先生が言ってましたが、取引をしないほうがいいタイミングを教えて欲しいです。

金曜日の夜は為替が荒れるからバイナリーはやらないほうがいいと言われる原因

24時間いつでも取引が出来るから取引チャンスが沢山ある
市場が閉まる時間帯
東京市場17時
ロンドン市場24時(※冬時間は25時)
ニューヨーク市場6時(※冬時間は7時)
先生
実は市場が閉まる時間帯に、トレーダーの大衆心理が働き相場が荒れる傾向がある。
パンくん
トレーダーの大衆心理って何ですか?みんなで同じ気持ちになってしまうとか?
先生
そんな感じ。土日は為替市場が休みになるから、利益が出ているなら金曜日にのうちにポジションを売りたいし、損益が出そうな場合も金曜日のうちにポジションを売りたいと思う心理が働くんだ。
パンくん
みんなポジションを売ったら為替が動きますね。でもそれなら逆に取引チャンスじゃないんですか?バイナリーオプションは為替変動で利益が出るものですよ!!
先生
みんな同じ時間に売ってくれるといけど、自分のタイミングで売るとなるとテクニカルやファンダメンタル要因ではないトレーダーの大衆心理が働き相場が荒れるってわけさ。

月末は危険!決算月は避けたほうがいい

先生
そして月末の決算月の金曜日の夜はバイナリーオプション取引は危険だ。
パンくん
どうしてですか?
先生
日本企業では9月末が中間決算、3月末が本決算のタイミングだから、海外の資金を売却して決算の数字を出す傾向がある。だから9月末と3月末とドルが売られやすくなるんだ。
パンくん
たしかに決算月は為替が動いたり、ドルが動きやすいという話を聞いた事があります。
先生
逆に12月は海外企業の決算月だから、決算前の12月は利益を出すために海外企業が円を売るからドルが買われやすい傾向がある。
パンくん
これも大衆心理が働き相場が荒れるってやつですか?
先生
そんなところだね。しかも売却する日時はバラバラだからテクニカルやファンダメンタルでは分析出来ない現象があり、為替が急に変動する事があるため月末の決算月の金曜日の夜はバイナリーオプション取引は危険というわけさ。

金曜日の夜に上手く利益を出すならハイローオーストラリアがおすすめ

先生
ここまで金曜日の夜にバイナリーオプションで取引をしないほうがいい理由など説明したけど分かったかな?
パンくん
はい。分かりました。市場が終了する間際と決算月の金曜日の夜は避けてバイナリーオプションで取引をします。
ハイローオーストラリア
先生
パンくんいいね。そして金曜日は翌日の土曜日朝5時15分まで取引が出来るから狙って取引をするのが利益を出すポイント。とくにペイアウト率が高いハイローオーストラリアで取引をするとバイナリーオプション初心者でも利益を出せるからおすすめだよ。
パンくん
僕もハイローオーストラリア大好きです。バイナリーオプション初心者でも簡単に利用できるし、僕的には最低入金額が5,000円なのがお気に入りです。

ハイローオーストラリア(HighLow.com)

ペイアウト2.30倍・出金申請1日で出金が可能な業者で出金条件がないためトラブルの原因である出金拒否に合いにくいとして評判が高い!!

ハイローオーストラリア
最低入金額最低取引額ペイアウト通貨数
5,000円1,000円最大2.30倍21通貨
出金方法最低出金額出金条件出金反映日数
銀行振込10,000円なし最短1日

初心者におすすめ!総合評価業者ランキング

ここでは実際に取引検証した中でパンくんが「 勝ちやすい」「 使いやすい」「 初心者向き」の3つのポイントと 損益を考慮して総合満足度が高い順にランキングにしてみました。

そしてパンくんが実際に取引検証して勝率が高い攻略法を業者別に出してるので、取引の参考にしてください。

ハイローオーストラリア(HighLow.com) ランキング1位

ハイローオーストラリア
損益勝敗
1,903,154円 235勝112敗(勝率67.7%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ザオプション(theoption) ランキング2位

ザオプションの業者画像
損益勝敗
630,487円 72勝43敗(勝率62.6%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS) ランキング3位

ファイブスターズマーケッツ業者画像
損益勝敗
515,752円 134勝81敗(勝率62.3%)
最低入金額最低取引額
10,000円500円

ゼン・トレーダー(zentrader)ランキング4位

ゼン・トレーダー画像
損益勝敗
0円0勝0敗(勝率0%)
最低入金額最低取引額
5,000円500円

トレード200(TRADE200) ランキング5位

トレード200の業者画像
損益勝敗
383,955円 69勝48敗(勝率59.0%)
最低入金額最低取引額
20,000円200円

ソニックオプション(SONIC OPTION) ランキング6位

ソニックオプションの業者画像
損益勝敗
357,218円 65勝46敗(勝率58.6%)
最低入金額最低取引額
20,000円500円