利上げ決定初の雇用統計で為替相場はどんな風に動くの?

投稿 : 2017年1月4日 更新 : 2020年5月25日
qa-main

先生~見事予想が外れてご祝儀相場は円安方向に進みましたが、これって1月6日にある米雇用統計の影響とかあるんですか?

予想はあくまでも予想だし。先生も間違える事があるよ。と、いうか円安は米雇用統計の影響もあるけど、次期アメリカ大統領のトランプ氏の影響も大きいかな。

次期アメリカ大統領トランプ氏の就任式が1月にある影響もあり円安方向に!!

年末や年明けにも今年のご祝儀相場である2017年1月3日は円高方向に進むと先生は予想していたけど、円安方向に進んだね。

これは色々な理由があると思うけど、一番は次期アメリカ大統領トランプ氏の就任式が1月にある影響が大きいかな。

どうしてかというと暴言王のトランプ氏が大統領になったら大波乱が起ると思ったけど、選挙で勝利した瞬間から暴言をはかなくなり、もしかして期待が出来るのではという人々の気持ちが盛り上がり今に至ってる。

ただここで何度も言ってるけど、トランプ氏が大統領になって何がしたいのか明確になってない以上、2017年1月20日にあるアメリカ大統領就任式でトランプ氏がどんな発言をするのか注目されている。

つまりこの就任式の演説次第では評価が上がる場合もあるし、評価が下がる場合もあるし、ある意味2017年1月20日は相場が動く日になるかもね。

米利上げ決定後初の雇用統計で注目が集まっている

そしてパンくんも言っていたけど、2016年12月に利上げを決定してから初めての雇用統計(2016年12月分)が1月6日22時30分にやってくる。

やはり数字として表れるから、雇用状態やアメリカの経済状態の参考になるし、とくに今回の雇用統計に注目が集まってるんだよ。

2016年の雇用統計の結果としては8月~11月まで前月よりもいい数字を出してる。ただ予想よりも下回ってる事もあり、発表後ドル売りに走る投資家が多い傾向がある。

ただ数字としては悪くないから再び下降していた相場も上昇するという流れになっているかな。

check-kiji2016年12月分の雇用統計も前回の11月分よりも数字はいいが予想よりは下回る可能性が高いため、今回も同じような動きになるだろう

ただ雇用統計の結果は機械で操ってるわけでもないから出てみないとわからない。だからこうなる場合はこう相場が動くのか下記でまとめてみたよ。

●雇用統計の結果が前回よりもいいが予想よりも下回った場合
発表後に下降(USD/JPYならLOW)する。ただ結果はいいので数分後に再び上昇(USD/JPYならHIGH)して117円台をキープした状態になる
●雇用統計の結果が前回よりもよく予想よりも上回った場合
雇用状態がよく景気もいいと判断されて発表後に上昇(USD/JPYならHIGH)する。

雇用統計の数字次第では急激に相場が動くから狙い目かも

上記でも説明したけど、今回の米雇用統計は利上げが決定してから初めての雇用統計だから、ある意味この結果が円安を加速させるか、円高にすこし戻るかのポイントになるとも考えられる。

こんな感じに動くだろうの為替の予想を上記でしたけど、あくまでもこれは予想。直近で重要な経済指標が発表されるから合わせて確認してみると優位に取引をする事が出来るかも。

●2017年1月5日の深夜4時に発表・・・【米FOMC議事録公表】
利上げを決定した後はじめてFOMC議事録が発表されるため利上げのペースなど記載されている内容に注目が集まる。もし具体的な内容が記載されていれば円安を加速させる材料になる
【1/5追加】※米FOMC議事録が公開されましたが、まったくのサプライズ感もなく利上げのペースも年2回程度の印象が強い内容でした。しかし失業率が増えたり、インフレが上昇する事があれば利上げのペースを増やす可能性も匂わしていたので、ますます雇用統計の内容に注目が集まりますね。
●2017年1月6日の深夜0時に発表・・・【米・ISM非製造業景況指数】
米雇用統計の先行指標として注目されていてISMの発表後の動きは米雇用統計と比例する可能性が高いため、ISM発表後の為替相場の動きをチェックしよう
ism-koyotoukei

そしてこの画像はISMの発表後の動きをドル/円で表示したものだけど、発表後に下降してるね。5分足で表示してるけど、1月6日22時30分にある米雇用統計もこんな感じの動きになるかも。

と、こんな感じで紹介したけど、分かったかな?これは何度も伝えているけど、どっちに動くか分からないなど迷った時は動きに逆らわず、上昇していればHIGHで、下降していればLOWで購入するなど順張りで購入すればOK!

あ、そうだ。相場の動きや取引方法が分かったとしてもどの業者で取引をすればいいか悩んでる人っていると思うし、下記で先生が初心者におすすめのバイナリーオプション業者を紹介してるから業者選びの参考にしてみてね。

ハイローオーストラリア(HighLow.com)

ペイアウト2.30倍・出金申請1日で出金が可能な業者で出金条件がないためトラブルの原因である出金拒否に合いにくいとして評判が高い!!

ハイローオーストラリア
最低入金額最低取引額ペイアウト通貨数
5,000円1,000円最大2.30倍21通貨
出金方法最低出金額出金条件出金反映日数
銀行振込10,000円なし最短1日

初心者におすすめ!総合評価業者ランキング

ここでは実際に取引検証した中でパンくんが「 勝ちやすい」「 使いやすい」「 初心者向き」の3つのポイントと 損益を考慮して総合満足度が高い順にランキングにしてみました。

そしてパンくんが実際に取引検証して勝率が高い攻略法を業者別に出してるので、取引の参考にしてください。

ハイローオーストラリア(HighLow.com) ランキング1位

ハイローオーストラリア
損益勝敗
1,903,154円 235勝112敗(勝率67.7%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ザオプション(theoption) ランキング2位

ザオプションの業者画像
損益勝敗
630,487円 72勝43敗(勝率62.6%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS) ランキング3位

ファイブスターズマーケッツ業者画像
損益勝敗
515,752円 134勝81敗(勝率62.3%)
最低入金額最低取引額
10,000円500円

ゼン・トレーダー(zentrader)ランキング4位

ゼン・トレーダー画像
損益勝敗
0円0勝0敗(勝率0%)
最低入金額最低取引額
5,000円500円

トレード200(TRADE200) ランキング5位

トレード200の業者画像
損益勝敗
383,955円 69勝48敗(勝率59.0%)
最低入金額最低取引額
20,000円200円