2020年ブラックフライデーで儲けるチャンス!11月25日~30日狙い目

投稿 : 2020年11月20日 更新 : 2020年11月24日
ブラックフライテー

先生~2020年のブラックフライデーも為替が動いてドル高円安とかになったりして儲けるチャンス的な感じですか?

そうだね。ブラックフライデーはFX目線で注目されているけど、バイナリーオプションでも狙い目があるし、これを利用しない手はないよ。


ブラックフライデーって何?

ブラックフライテー 2018年
先生
11月第4週目の木曜日は米国の感謝祭(サンクスギビングデー)です。そしてその感謝祭の次の日をブラックフライデーと呼びます。

何故そんな呼ばれ方をするかというと感謝祭(サンクスギビングデー)の次の日は大セールを行う風習があり、アメリカ国民はこの日に沢山買い物をする。

そうすると小売業は黒字になり、その意味合いからブラックフライデーと呼ばれてるというわけさ。

ココがポイント

2020年は11月26日(木)が感謝祭(サンクスギビングデー)ブラックフライデーは11月27日(金)です。


為替に与える影響は?

まず為替与える影響としては下記の3つが上げられる。

・小売業が黒字となり、12月発表の経済指標でドル高円安の期待が膨らむ
・感謝祭はニューヨーク市場が休みなので、感謝祭の前日からドルの売り買いをする投資家が増える
・ブラックフライデーの週明けの月曜、日本市場がオープンした後にドル売り行う投資家が増える

12月発表の経済指標でドル高円安の期待が膨らむという点は来月の話だから、長期取引向きの情報だけど、下の2つについてはバイナリーオプションで十分役立つ情報なのさ。

例えばこれをこの画像を見てごらん。

ブラックフライテー 2019年11月27日 USD/JPY為替

上記の画像は2019年11月27日(感謝祭の前日)のUSD/JPYの相場だ。

ロンドン市場がオープンした18時頃から上がり下がりはしてるけどちょっと停滞した感じ。しかしニューヨーク市場がオープン前後22時ごろから右上がりに上昇してドルの売り買いが行われた。画像を見ると胴が長い陰線(水色)のローソク足と陽線(橙色)のローソク足が出てるのが分かるね?

15分足でとったデーターしかないけど、1分足で見ても急激に上昇してるのが分かると思うし、バイナリーオプションで狙い目だろう。

そして感謝祭の28日の東京市場がオープンした後に胴が長い陰線(水色)のローソク足が出てるよね?これは東京市場がオープンした8時頃から急激に下降したという証拠。

先生
2020年も例年どおり感謝祭の前日にドルの売り買いが進み、ブラックフライデー明け月曜日も為替が動く事進む事は間違いなし!!
ブラックフライテー 2018年11月27日 USD/JPY為替

ちなみに売り買いの動きは感謝際中は継続して行われるから上記の画像のようにRSIを出して転換のタイミングとか見て購入すると利益を出しやすいよ。

ただ注意点としては下降していても上記の画像の黒色の丸のように買われそうゾーン内でがくっと上がって上昇したり、上昇していても白丸のように売られゾーンでがくっと下がる事 もあるから15分足で出してRSIの動きも確認しながら逆張りのタイミングを見ながら取引をするといいよ。

先生
RSIを使った3分取引の逆張りの攻略法を下記の記事で紹介してるから、取引の参考にしてみるといいよ。

利益を出せる取引タイミングとおすすめバイナリーオプション業者

じゃあ2020年のブラックフライデーを利用して取引するのにベストな取引タイミングはいつなのか?その答えはこれを見たまえ。

・感謝祭前日11月25日(水)の22時頃~ブラックフライデーのニューヨーク市場が閉まる(日本時間だと25日土曜の午前3時)まで
⇒ おすすめの取引方法・・・1分~15分程度の取引でUSD/JPYならLOW又はHIGH

・ブラックフライデー明けの月曜11月30日(月)の8時頃~
⇒ おすすめの取引方法・・・1分~15分程度の取引でUSD/JPYならHIGH

そして取引する時におすすめな業者はハイローオーストラリアだよ。短期取引でも最大2.3倍のペイアウトで他の業者よりも利益が出やすいからね。

それに最低入金額が5,000円と始めやすい価格設定が魅力的。もし業者選びに悩んだ時は参考にするといいよ。

ハイローオーストラリア(HighLow.com)

ペイアウト2.30倍・出金申請1日で出金が可能な業者で出金条件がないためトラブルの原因である出金拒否に合いにくいとして評判が高い!!

ハイローオーストラリア
最低入金額最低取引額ペイアウト通貨数
5,000円1,000円最大2.30倍21通貨
出金方法最低出金額出金条件出金反映日数
銀行振込10,000円なし最短1日

初心者におすすめ!総合評価業者ランキング

ここでは実際に取引検証した中でパンくんが「 勝ちやすい」「 使いやすい」「 初心者向き」の3つのポイントと 損益を考慮して総合満足度が高い順にランキングにしてみました。

そしてパンくんが実際に取引検証して勝率が高い攻略法を業者別に出してるので、取引の参考にしてください。

ハイローオーストラリア(HighLow.com) ランキング1位

ハイローオーストラリア
損益勝敗
1,903,154円 235勝112敗(勝率67.7%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ザオプション(theoption) ランキング2位

ザオプションの業者画像
損益勝敗
630,487円 72勝43敗(勝率62.6%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS) ランキング3位

ファイブスターズマーケッツ業者画像
損益勝敗
515,752円 134勝81敗(勝率62.3%)
最低入金額最低取引額
10,000円500円

ゼン・トレーダー(zentrader)ランキング4位

ゼン・トレーダー画像
損益勝敗
0円0勝0敗(勝率0%)
最低入金額最低取引額
5,000円500円

トレード200(TRADE200) ランキング5位

トレード200の業者画像
損益勝敗
383,955円 69勝48敗(勝率59.0%)
最低入金額最低取引額
20,000円200円

ソニックオプション(SONIC OPTION) ランキング6位

ソニックオプションの業者画像
損益勝敗
357,218円 65勝46敗(勝率58.6%)
最低入金額最低取引額
20,000円500円