【勝率61.9%】バイナリーで勝ちやすい時間帯を意識するだけで稼げる

投稿 : 2019年11月22日 更新 : 2020年6月30日
勝ちやすい時間帯を意識するだけで稼げる
パンくんの画像
パンくん
バイナリーオプションを攻略するために時間帯を意識した方がいいんですか?
先生の画像
先生
勝ちやすい時間帯や負けやすい時間帯があるから絶対意識したほうがいいよ!

よく言われる勝ちやすい時間帯は
・午前中
・ロンドン市場がオープンする17時~
・ニューヨーク市場がオープンして活発に取引が行われる24時頃まで。

しかし時間帯の特徴を知らずにバイナリーオプションで適当に取引をすると逆に損するって知ってましたか?

そのため負けやすい時間帯は避けて取引をする事が大切です。

僕はバイナリーオプションを始めたばかりの頃は時間帯を気にしないで大損した事もありました。しかし時間帯を意識して取引をするようになって勝率が上がったんです。

パンくんの画像
パンくん
今回の検証でも時間帯を意識しただけで勝率61.9%とまずまずの結果が!!
  • 勝ちやすい時間帯と避ける時間帯
  • 時間帯の特徴
  • 時間帯別取引におすすめ通貨ペア

もくじ


勝ちやすい時間帯と避けたほうがいい時間帯

勝ちやすい時間帯や避けたほうがいい時間帯を今までの経験を元にハイローオーストラリアで勝ちやすい度を早見表にしてみました。

勝ちやすい度時間帯
◎(めっちゃ勝ちやすい)10:00~14:00
◎(めっちゃ勝ちやすい)18:00~21:00
〇(勝ちやすい)15:00~17:00
〇(勝ちやすい)22:00~24:00
〇(勝ちやすい)1:00~4:00
△(まぁまぁ勝ちやすい)8:00~10:00
△(まぁまぁ勝ちやすい)17:00~18:00
✕(避けたほうがいい)7:00~8:00
✕(避けたほうがいい)14:00~15:00
✕(避けたほうがいい)21:00~22:00
✕(避けたほうがいい)4:00~6:00
パンくんの画像
パンくん
結構細かいんですね。とくに夕方と夜の時間帯は覚えられるか分からないです。
先生の画像
先生
時間帯の特徴を覚えるとこの時間帯は勝ちやすい理由、避けたほうがいい理由が分かるし、取引に役立つからもう少し時間帯別に細かく説明しようか。

時間帯ごとに解説!勝ちやすい時間帯の特徴とおすすめ通貨ペアで勝率UP

東京市場 ロンドン市場 ニューヨーク市場 おすすめ通貨ペア

ここからはハイローオーストラリアの営業時間内で勝ちやすい時間帯の特徴とおすすめ通貨ペアを紹介します。

先生の画像
先生
結局どの時間帯で取引をすればいいのか悩んでしまったら◎か〇の時間帯で取引をするといいよ。

7:00~8:00 ✕(避けたほうがいい)

オセアニア市場だけがオープンしてる時間帯で市場参加者が少ないです。ハイローオーストラリアでは一日取引のみとエントリーが出来る時間帯です。

先生の画像
先生
特別な理由が無い限り取引を避けたほうがいい時間帯!悪い事は言わない。取引はしないほうがいいよ。

8:00~9:00 △(まぁまぁ勝ちやすい)

東京市場のオープンに合わせて市場参加者が増える時間帯でハイローオーストラリアでも全取引が可能になります。

8時、8時15分、8時30分、8時45分、9時はHIGHLOW取引の終了時間帯なので急激に動いたり、少し安定しません。そのため避けたほうがいい時間帯です。

先生の画像
先生
ただ、ゴトー日はこの時間帯からUSD/JPYでHIGHになりやすいからゴトー日狙いでピンポイント取引をするのには狙い目の時間帯!
パンくんの画像
パンくん
僕はゴトー日の8時からの1時間取引の勝率が高いです。ゴトー日はUSD/JPYでHIGHになりやすいって分かってるので取引しやすいですね。

9:00~10:00 △(まぁまぁ勝ちやすい)

東京市場がオープンする時間帯で市場参加者が増えて取引量が多くなります。とくに9時55分に仲値(※その通貨の値段が決定する事)の発表があるので価格変動があり、予想しにくいので避けたほうがいい時間帯です。

先生の画像
先生
ただ、ゴトー日はこの時間帯はUSD/JPYでHIGHになりやすいし、仲値は逆にUSD/JPYでLOWになりやすいから、ゴトー日狙いでピンポイント取引をするのには狙い目の時間帯!

10:00~14:00 ◎(めっちゃ勝ちやすい)

仲値の発表が終わり、安定して為替市場が動く時間帯です。個人的にも10:00~14:00は予想しやすく、ハイローオーストラリアのTurbo取引で取引をよくする時間帯です。

この時間帯に相性がいい銘柄はUSD/JPY、AUD/JPY、AUD/USD、NZD/JPYです。


14:00~15:00 ✕(避けたほうがいい)

東京市場の終了に向けて売買が行られる時間帯です。急に為替が動く事もあるので、避けたほうがいい時間帯です。

先生の画像
先生
経験上、急に14時から動きが鈍くなったり、予想しにくくなる事があったからこの時間帯では僕は取引をしないよ。

15:00~16:00 〇(勝ちやすい)

ロンドン市場のオープンを前に少しづつ取引量が増えてきて、売買が行われる事で方向転換のタイミングも目立つ時間帯です。

そのため逆張り狙いで勝ちやすい時間帯です。

先生の画像
先生
この時間帯からEURが動くから、EUR/JPYで取引がとくにおすすめ。

16:00~17:00 〇(勝ちやすい)

ロンドン市場のオープンに合わせて市場参加者が増える時間帯です。経済指標の発表がある時間帯でもあるので、動き(トレンド)に従った順張りがおすすめです。

先生の画像
先生
引き続きEURが動きやすくなるから、EUR/JPYで取引がおすすめ。

17:00~18:00 △(まぁまぁ勝ちやすい)

ロンドン市場がオープンする時間帯です。取引量がこの時間帯から増えてきます。そのため予想外の動きをしたり、英国やユーロ圏の経済指標の発表があります。

この時間帯は値動きはありますが、予想外に動く事があるので経済指標狙いで様子見ながらの取引がおすすめです。

先生の画像
先生
GBPは動きが読みにくいので、取引をするならEUR/JPYやEUR/USDの取引がおすすめ。
パンくんの画像
パンくん
僕も経済指標で取引をした事がある時間帯ですが、英国関連の指標は予想外に動くのでユーロ圏の指標発表がおすすめです。

18:00~21:00 ◎(めっちゃ勝ちやすい)

ニューヨーク市場がオープンする前の時間帯で動きが落ち着いているため比較的取引がしやすい時間帯です。

ただ指標発表前後の30分は取引を避けたほうがいいです。大体18時30分~19時の間に指標発表があるためこの時間帯は避けましょう。

この時間帯に相性がいい銘柄はUSD/JPY、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/USD、EUR/GBPです。

先生の画像
先生
この時間帯も引き続きEUR/JPY、EUR/USDがおすすめたけどUSD/JPYも安定して動くので3つの銘柄狙いで取引するといいよ。
パンくんの画像
パンくん
僕も経済指標で取引をした事がある時間帯ですが、ユーロ圏の指標発表は数字に合わせて素直に動いてくれるので狙い目です。

21:00~22:00 ✕(避けたほうがいい)

ニューヨーク市場のオープンに合わせて市場参加者が増える時間帯です。この時間帯から動きが変わってくるため予想しにくい時間帯と言えます。

そのため避けたほうがいい時間帯です。

ただ経済指標狙いならピンポイントで為替が動くので、USD/JPYで経済指標の発表に合わせての取引ならおすすめです。

先生の画像
先生
この時間帯は負けやすいので経済指標狙い以外は先生は取引をしないね。
パンくんの画像
パンくん
僕も経済指標で取引をした事がある時間帯ですが、アメリカの指標発表は数字に合わせて素直に動いてくれるので狙い目です。

22:00~24:00 〇(勝ちやすい)

バイナリーオプションにおいてもっとも大事な時間帯です。経済指標の発表や取引量が増える(取引をする人が増える)ため狙い目の時間帯です。

ただ22時30分、23時、24時は経済指標の発表がある時間帯なので指標発表前後の30分は避けて取引をすると勝ちやすいです。

この時間帯に相性がいい銘柄はNZD/USD、EUR/USD、GBP/USD、EUR/GBP、USD/JPY、EUR/JPY、USD/CAD、AUD/USDです。

先生の画像
先生
この時間帯は賛否両論あるけど、先生的には勝ちやすい時間帯だと思う。ただ指標発表前後は為替が荒れるから避けたほうがいいね。
パンくんの画像
パンくん
指標発表前後は動きが読めないので時間帯を意識して取引したほうがいいです。

0:00~1:00 ✕(避けたほうがいい)

この時間帯はNYオプションカット(夏時間は23:00)と言って「通貨オプション」の権利行使の最終的な締め切り時間が行われます。そしてロンドンフィキシング(金の仲値が決定)もあるため相場が活発に動きすぎて予測がしにくいため取引を避けたほうがいい時間帯です。

先生の画像
先生
この時間帯は負けやすいので先生は取引をしないね。

1:00~4:00 〇(勝ちやすい)

ロンドン市場の参加者が減ってきて比較的安定して為替が動く時間帯です。

FOMCの発表がある以外は経済指標の発表がない時間帯なので、生活スタイルに合う方はおすすめの時間帯です。

先生の画像
先生
先生はあまりこの時間帯で取引をしないけど、SNSや5chなどでこの時間帯で取引をしてるって報告も多いし、意外と狙い目の時間帯だよ。

4:00~6:00 ✕(避けたほうがいい)

ニューヨーク市場が閉まる6:00に合わせて取引量が増えてきます。売買が行われる事で予想外に動く事が多いので、この時間帯は避けて取引をしましょう。

先生の画像
先生
先生はこの時間帯は寝てるから取引した事がないよ。

時間帯を意識して取引検証してみた

ここからは上記で説明した時間帯別に勝ちやすい時間を意識して取引検証した内容です。

時間を意識して検証した結果

21回しか取引検証をしていませんが、全体の勝率は61.9%で、10時~14時、15時~16時の勝率が高いですね。

ちなみに下記で詳しく取引をした結果を紹介してますが、基本的にTurboの3分取引で逆張りで取引検証しました。

購入チャンスは少ないですが、3分取引の逆張りは今の相場に合うのでおすすめの取引方法だと思ってます。

では実際に時間別に取引検証した内容を見てみましょう。


【勝率100%】10:00~14:00で取引検証

時間取引回数勝利回数勝率
10:00~14:003回3回100%

取引回数は少ないですが、勝ちやすい時間帯だと思います。

実際に取引した内容は下記の3分攻略法で紹介してるので併せてご覧ください。


【勝率75.0%】15:00~16:00で取引検証

時間取引回数勝利回数勝率
15:00~16:004回3回75.0%

取引回数は少ないですが、勝ちやすい時間帯だと思います。

実際に取引した内容は下記の3分攻略法で紹介してるので併せてご覧ください。


【勝率28.6%】16:00~17:00で取引検証

時間取引回数勝利回数勝率
16:00~17:006回2回28.6%

ユーロやポンドが動きだす時間帯で、利益を出しやすい反面予想外に動くので魔の時間と呼ばれていて、個人的にはこの時間帯はちょっと苦手です。


【勝率66.7%】17:00~18:00で取引検証

時間取引回数勝利回数勝率
17:00~18:003回2回66.7%

取引チャンスが少なくて回数が多くないですが、16時台よりも動きが読みやすくシグナル通りにに動いてくれたので17:00~18:00は取引しやすいですね。


【勝率60.0%】18:00~19:00

時間取引回数勝利回数勝率
18:00~19:005回3回60.0%

個人的にこの時間帯は勝てるイメージがあったのですが、検証した日はあまり勝率が良くなかったです。

この時間帯の市場が動きだすので、利益を出しやすい反面予想外の動きをするので、ちゃんと分析をして取引をすると利益を出しやすいです。

勝ちやすい時間帯を意識して取引をした内容ですが、勝てる時間帯を意識するって大事だという事を実際に取引をして実感しました。

皆さんもただ取引をするのではなく取引時間や銘柄や取引するときのコツを意識して購入すると勝率アップも簡単にできるのでぜひ参考にしてみてください。


ローソク足とRSIは万能!他の攻略法でハイローオーストラリアの取引をしてみる

ハイローオーストラリア(HighLow.com)

ペイアウト2.30倍・出金申請1日で出金が可能な業者で出金条件がないためトラブルの原因である出金拒否に合いにくいとして評判が高い!!

ハイローオーストラリア
最低入金額最低取引額ペイアウト通貨数
5,000円1,000円最大2.30倍21通貨
出金方法最低出金額出金条件出金反映日数
銀行振込10,000円なし最短1日

初心者におすすめ!総合評価業者ランキング

ここでは実際に取引検証した中でパンくんが「 勝ちやすい」「 使いやすい」「 初心者向き」の3つのポイントと 損益を考慮して総合満足度が高い順にランキングにしてみました。

そしてパンくんが実際に取引検証して勝率が高い攻略法を業者別に出してるので、取引の参考にしてください。

ハイローオーストラリア(HighLow.com) ランキング1位

ハイローオーストラリア
損益勝敗
1,903,154円 235勝112敗(勝率67.7%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ザオプション(theoption) ランキング2位

ザオプションの業者画像
損益勝敗
630,487円 72勝43敗(勝率62.6%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS) ランキング3位

ファイブスターズマーケッツ業者画像
損益勝敗
515,752円 134勝81敗(勝率62.3%)
最低入金額最低取引額
10,000円500円

ゼン・トレーダー(zentrader)ランキング4位

ゼン・トレーダー画像
損益勝敗
0円0勝0敗(勝率0%)
最低入金額最低取引額
5,000円500円