バイナリーオプションの基礎とリスクの把握

投稿 : 2014年11月14日 更新 : 2015年2月6日

バイナリーオプションに興味を持ったけど、何から始めたらいいのか分からないという方の為にバイナリーオプションの基礎的な事や注意点をまとめてみました。取引をする前にチェックしましょう。

バイナリーオプションって何?

・バイナリーオプションとはHIGHかLOWかを判断し二者択一で購入する投資方法

取引の仕方はFXと同じなので、FXからバイナリーオプションに移動してきたという方も多く見られます。

バイナリーオプションにとって基本となるものが外貨取引です。テレビでもドルやユーロなどの言葉を耳にした事があるでしょう。その外貨と日本円または外貨と外貨の取引のチャートを読み投資するのがバイナリーオプションです。

この取引において円安・円高がとても重要になります。

HIGHLOW1

国内業者と海外業者の違いを確認

binaryoption-chigai-1

こちらは海外バイナリーオプション業者と国内バイナリーオプション業者を比較したものです。それぞれ海外業者にも国内業者にもメリットもデメリットもあります。そして注目して欲しいのが赤線で引いた部分です。この赤線の部分が国内業者と海外業者の大きな違いで、海外バイナリーオプションの魅力です。

メリット・デメリットにも記載していますが、国内業者では2013年11月に規制が入り短期取引や二者択一の取引を禁止になった為、いままで5分や10分の取引が出来ていたのに規制後は2時間以上の取引が必要になったことで海外バイナリーオプションの人気が上がりました。

最近では金融庁に無登録ということで海外業者の評判が下がりつつあります。たしかにヤバイ業者など耳にします。しかし当サイトで紹介してる海外バイナリーオプションの中にはライセンスの取得、保険や信託保全が受けられる業者など安全性が高い海外業者もありますので、国内業者と対して待遇などは変わりません。

バイナリーオプションを始める前に円高・円安を理解する

今円安の影響で海外の方が日本に旅行に来たり買い物をしてる様子が取り上げられるほど日本への旅行がブームになっています。その一方で日本では輸入品が値上がりし、家計を圧迫しています。

ニュースなどでよく聞くドル高・円安ですが、子供の頃はどうして円安なのに物価が高いの?と不思議に思っていました。

円安とは

check-kiji

まず円安を理解する為に例え話で説明します。梨を買おうとスーパーに行くと1個100円で販売していました。次の日にもう一度梨を買おうとスーパーに行くと1個110円になっていました。前日よりも10円多く払わないと梨が購入出来ません。これを外貨取引だと1ドルを購入するのに100円出せば買えたのに次の日になったら1ドルを110円出さなければ購入出来ないことになります。これは円の価値が下がり、ドルの価値が上がったからです。つまり円の価値が安くなったので円安になったという事です。

円高とは

check-kiji

円高も例え話で説明してみます。梨を買おうとスーパーに行くと1個110円で販売していました。次の日にもう一度梨を買おうとスーパーに行くと1個100円になっていました。前日よりも10円安くなっていました。これを外貨取引だと1ドルを購入するのに前日は110円出して購入したものを次の日には1ドルを100円で購入出来た事になります。これは円の価値が上がり、ドルの価値が下がったからです。つまり円の価値が高くなったので円高になったという事です。

値動きは一気に上がったり下がったりする事はないですが、少しの差で利益にも損益にもなります。バイナリーオプションで取引をする為には円高・円安の把握や取引先(ドル/円の場合はアメリカ)の経済状況などを把握しておくと購入のチャンスPOINTの見極めや損益を未然に防いだりする事が出来ます。

バイナリーオプションで取引をする前にメリット・デメリットを理解する

バイナリーオプションは株式やFXのように難しい知識は必要有りません。上記でも説明していますが、HIGHかLOWかを見極めて取引するだけなので初心者からでも簡単に取引が可能です。ただバイナリーオプションではメリットは勿論デメリットもあるので取引する前に確認しましょう。

【メリット】

・取引方法が簡単

・取引額は500円~と低価格から取引が可能

・FXや株式のような証拠金の準備は不要

・最短で30秒または60秒で結果が出るので時間と場所を選ばない


【デメリット】

・1日に何度も取引が出来るのでつい使いすぎてしまう傾向がある

・短期取引では損切などの調整が不可能(※レンジ・ワンタッチ・ハイロー取引では権利放棄が出来る業者はある)


バイナリーオプションの場合は予想が当たると賭け金と利益が戻ってくる。その反対に予想が外れると投資金全部なくなる。のシンプルな仕組みなので損益を想定しやすいのが人気の1つです。

バイナリーオプションで取引をする前にリスクの把握をしよう

簡単に取引が出来るから初心者でも参加しやすいのが魅力ですが、リスクがある事も覚えておかなければいけません。

・少ない投資金でも負け続けると大きな損益

海外バイナリーオプションの魅力の1つが低予算で取引が出来る事です。500円や1,000円から取引が出来る業者もあり、上記でも説明しましたが、1日に何度も取引するチャンスがあります。1回の取引が1,000円でも10回して負ければ1万円の損益です。損益を取り返そうとまた取引をします。その後少し勝てても投資金は増え結局終わってみれば5万円の損益という事にも繋がります。

・勘だけで投資すると痛い目にあう

短期間で利益を増やせる事で人気があるバイナリーオプションですが、勘だけで勝ち続けたり、大きな利益を得る事は不可能です。宝くじや競馬のように奇跡的に1億が当たったり、万馬券になったりと同じような事はバイナリーオプションではおこりません。利益を上げる為には分析をしたりある程度の経験そして見極める力が必要です。

リスクを回避するには

check-kiji

リスクを回避する為に必要な事は引き際です。上記でも記載していますが、見極める力が必要。『一日の投資金は●●円』『一日に●●円損失が出たら取引は辞めよう』など予め決めておくことが大事です。これはバイナリーオプションだけではなく身近にあるギャンブルでも言えることです。『イケル』と思ってつぎ込んでみたけど、結局3万円使ってしまったなど、熱くなればなるほど我を忘れてつぎ込んでしまい後になって後悔します。賢く利益を上げる為には資金の管理が大事なので、取引履歴をノートに取っておくなどして資金管理をしっかりし、リスクを回避して楽しく取引をしましょう。


初心者におすすめ!総合評価業者ランキング

ここでは実際に取引検証した中でパンくんが「 勝ちやすい」「 使いやすい」「 初心者向き」の3つのポイントと 損益を考慮して総合満足度が高い順にランキングにしてみました。

そしてパンくんが実際に取引検証して勝率が高い攻略法を業者別に出してるので、取引の参考にしてください。

ハイローオーストラリア(HighLow.com) ランキング1位

ハイローオーストラリア
損益勝敗
1,903,154円 235勝112敗(勝率67.7%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ザオプション(theoption) ランキング2位

ザオプションの業者画像
損益勝敗
630,487円 72勝43敗(勝率62.6%)
最低入金額最低取引額
5,000円1,000円

ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS) ランキング3位

ファイブスターズマーケッツ業者画像
損益勝敗
515,752円 134勝81敗(勝率62.3%)
最低入金額最低取引額
10,000円500円

ゼン・トレーダー(zentrader)ランキング4位

ゼン・トレーダー画像
損益勝敗
0円0勝0敗(勝率0%)
最低入金額最低取引額
5,000円500円

トレード200(TRADE200) ランキング5位

トレード200の業者画像
損益勝敗
383,955円 69勝48敗(勝率59.0%)
最低入金額最低取引額
20,000円200円

ソニックオプション(SONIC OPTION) ランキング6位

ソニックオプションの業者画像
損益勝敗
357,218円 65勝46敗(勝率58.6%)
最低入金額最低取引額
20,000円500円