出金の際に必要になる「SWIFTコード」と「BINコード」って何?

投稿 : 2014年8月11日 更新 : 2016年12月16日
パンくん

イタタタたた・・・

モメンタム・ブロンコ先生

パンくん若いのにちょっと動いただけでイタタタたたっておじさんくさいな。

パンくん

昨日ちょっと腰を痛めて少し動いただけでも痛いんです。

モメンタム・ブロンコ先生

そんな腰を痛めるほど何か運動でもしたの?

パンくん

実は昨日部屋で滑って家具の角っこに後ろ側の腰のこの辺りをぶつけました。

モメンタム・ブロンコ先生

え?後ろに倒れたの?

パンくん

はい。頭を打つと思った瞬間腰から着地をして床に転げ落ちました

モメンタム・ブロンコ先生

それは辛いね。

パンくん

皮が剥けて身がえぐられてると思いましたが、青たんになってるだけでした。

モメンタム・ブロンコ先生

身はえぐれないと思うけど・・・。まぁ青たんだけでよかったね。

パンくん

はい。ところで先生に聞きたい事があります。

モメンタム・ブロンコ先生

そんな真面目な顔してどうしたんだい?

パンくん

トレードラッシュの出金について勉強していたんですけど、出金の際に「SWIFTコード」と「BINコード」の入力をしますよね?実は僕、この「SWIFTコード」と「BINコード」についてよく分かってないので教えてくれますか?

モメンタム・ブロンコ先生

そうなんだね。じゃあ今日は「SWIFTコード」と「BINコード」について勉強をしようか。

パンくん

はい。前に『出金申請をしたら「SWIFTコード」が無い銀行に入金は出来ませんと言われました』というクチコミを見た事があるのですが、「SWIFTコード」は出金の際どんな役目があるんですか?

モメンタム・ブロンコ先生

じゃあまず「SWIFTコード」について。前にも話しをしたけど、「SWIFTコード」は「SWIFTアドレス」や「BICコード」とも呼ばれていて、SWIFT(国際銀行間金融通信協会)が提供する国際送金システム上で相手方の銀行を特定するために用いられる金融機関識別コードの事だよ。

パンくん

前に勉強しましたね。ネット銀行にはSWIFTコードがないので出金の際に利用出来ないって勉強しました。

モメンタム・ブロンコ先生

そうだったね。このSWIFTコードは国際送金をする際に用いられるコードで国際送金の送金側は、受取人保有口座の銀行の固有コードを入力することにより、通常入力が要求される相手方の銀行名・支店名・所在地などの情報を省略し、確実にそしてスピーディに送金処理を行うことができるんだ。

パンくん

確かに銀行名とか支店とか色々と情報を記入するのも面倒だし、手間が掛かるので、コード1つで認識して貰えるのは受け取る側としても楽です。

モメンタム・ブロンコ先生

たしかにそうだね。SWIFTコードは、8桁または11桁のアルファベットと数字で構成されていて、SWIFTのウェブサイトの「BIC search」で利用する銀行のSWIFTコードを調べることができるんだ。

パンくん

調べる事が出来るならSWIFTコードが分からなくても問題ないですね。

モメンタム・ブロンコ先生

うん。それに銀行に問い合わせても教えてくれるから、出金に使う銀行で前もってSWIFTコードを聞いておくと調べる手間も省けるよ。

パンくん

それいい考えです。じゃあ「BINコード」ってなんですか?たしかクレジットカードでの本人確認の際に「BINコード」の話しが出てきた事があります。

モメンタム・ブロンコ先生

そうだね。本人確認書類の提出の時にクレジットカードを利用する場合はこの「BINコード」を提示する必要があるんだ。「BINコード」は「発行者識別番号」とも呼ばれていてカード会社を識別する為に用いられるものなんだ。

パンくん

じゃあ、このBINコードでMASTERとかVISAとかを識別するって事ですか?

モメンタム・ブロンコ先生

その通り。ちなみにクレジットカードの頭6ケタの番号がBINコード。だから「本人確認書類の際はかならず頭6ケタの番号が見えるように」とか「頭6ケタ以外は黒く塗りつぶして大丈夫」とか言われるんだ。

パンくん

ほー。なるほどです。

モメンタム・ブロンコ先生

「SWIFTコード」と「BINコード」も出金の際に必要になってくる情報だから、前もって調べておくといいよ。

パンくん

そうですね。トレードラッシュでは先日勉強したネッテラーでの入金も出来るし、銀行振込やクレジットも使えるので出金の際に参考にしてみます。


世界最高ペイアウト率81%!ワンコインから投資可能 TradeRush(トレードラッシュ)

TradeRush(トレードラッシュ)

PRポイント

60セカンズのペイアウト率は60%~70%ほどが標準ですが、このトレードラッシュでのペイアウト率は最大81%、平均でも70%中盤とかなり高い報酬倍率を誇ります。もちろん取引の方法など他業者と代わりはないので、60セカンズで高報酬を望むならトレードラッシュ一択です。


初心者におすすめ!総合評価業者ランキング

ここでは実際に取引検証した中でパンくんが「 勝ちやすい」「 使いやすい」「 初心者向き」の3つのポイントと 損益を考慮して総合満足度が高い順にランキングにしてみました。

そしてパンくんが実際に取引検証して勝率が高い攻略法を業者別に出してるので、取引の参考にしてください。

ハイローオーストラリア(HighLow.com) ランキング1位

ハイローオーストラリア
損益 勝敗
1,903,154円 235勝112敗(勝率67.7%)
最低入金額 最低取引額
5,000円 1,000円

ザオプション(theoption) ランキング2位

ザオプションの業者画像
損益 勝敗
630,487円 72勝43敗(勝率62.6%)
最低入金額 最低取引額
5,000円 1,000円

ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS) ランキング3位

ファイブスターズマーケッツ業者画像
損益 勝敗
515,752円 134勝81敗(勝率62.3%)
最低入金額 最低取引額
10,000円 500円

ゼン・トレーダー(zentrader)ランキング4位

ゼン・トレーダー画像
損益 勝敗
0円 0勝0敗(勝率0%)
最低入金額 最低取引額
5,000円 500円

トレード200(TRADE200) ランキング5位

トレード200の業者画像
損益 勝敗
383,955円 69勝48敗(勝率59.0%)
最低入金額 最低取引額
20,000円 200円

ソニックオプション(SONIC OPTION) ランキング6位

ソニックオプションの業者画像
損益 勝敗
357,218円 65勝46敗(勝率58.6%)
最低入金額 最低取引額
20,000円 500円