7月日銀追加緩和説に期待が集まる!これから為替相場はどうなるの?

投稿 : 2016年7月22日 更新 : 2020年5月25日
qa-main

先生の嘘つき!!世間では7月に日銀が追加緩和するって期待が広がってるらしいですよ!!先生は7月の追加緩和は無いって言ったのにどういう事ですか?

いや~誰だって7月の追加緩和はないと思ったけど、ここにきてまさか。まぁ弁解じゃないけど、今回どうしてこんなに期待が膨らんだのかも含めて今後の為替相場の予想をしようか。

まずどうしてこんなに追加緩和について期待が膨らんだかというと『米連邦準備理事会(FRB)前議長のベン・バーナンキ氏がこの間、日銀の黒田総裁と安倍総理に会った』事が理由の1つだよ。

米連邦準備理事会(FRB)と言えば今、イエレン米FRB議長が利上げするだの様子を見るだの話題になってるだろ。つまり日銀の黒田総裁と日本の首相が前議長と言っても要人と会った事で、『もしかして為替介入するの?』と、いう期待が膨らんだ。

まぁその事もあって、今まで104円台をキープしてきたのに一時107円台まで上がってきたしね。これほど世の中の投資家は日銀の7月追加緩和説の期待が膨らんでるんだね。

そこで今もっとも注目されているのが、今月28日米FOMC政策金利発表と29日の日銀総裁定例記者会見だね。この2つの大きい発表によりもしかしたら大きい変動があるかも。

期待を裏切るような発言があれば日銀総裁定例記者会見後の相場は大幅に下落する

satsu

日銀の7月追加緩和説が出る前までは、利上げや追加緩和の実施は今年は無い、又は12月ごろだろうとあまり期待が出来るような内容ではなかった。

だから今回の米FOMC政策金利発表と日銀総裁定例記者会見の発言内容は予想されていたし、まぁ円高状態か何か期待出来る事があり一時的に上昇したとしても再び下降現象に戻り円高状態だと予想された。

しかし今回は7月追加緩和説のおかげで、『アメリカも利上げについて積極的な意見を発言するのではないのか』とか『日銀がついに7月についに追加緩和実施』などと期待が膨らんでいる。

●本当に追加緩和したり、利上げについて期待できる内容であれば・・・
米FOMC政策金利発表と日銀総裁定例記者会見を待たずとしてこのまま円安方向に進んでいくと予想出来る。
●その反対に期待していたのに結局何の発言もないし、否定的な意見だったら・・・
米FOMC政策金利発表と日銀総裁定例記者会見後に急激に下落する。つまり円高方向に逆戻りと予想出来る。

その兆候とも言える現象が7/21に起きたね。英BBC放送のラジオ番組で、黒田総裁が中央銀行の国債引き受けなどで国民に直接お金を配る「ヘリコプターマネー」の導入を否定する発言をした事で1ドル=107円台まで上昇したのに、発言1つで1ドル=105円台まで下落してしまった。

本当に投資家の心理って為替相場を動かすし、素晴らしいよ。

7月の日銀追加緩和説が当たっても外れても大幅な為替変動があるから儲けるチャンス

money-get

まぁどちらにしてもバイナリーオプションの場合はこのちょっとした変動を利用して利益を上げるものだから、今まさにバイナリーオプションで儲ける大チャンス!!

それに明日7/23の午前中にアメリカのルー財務長官と麻生太郎財務相の会談が発表されてるしここでまた何か発言があるなら急激な変動があるかも。

とりあえず今は、要人の発言に注目して、そして米FOMC政策金利発表と日銀総裁定例記者会見の内容を把握した上で優位に取引を進めてみよう。流れに逆らわずに購入する事で、バイナリーオプション初心者でも利益を上げる事が出来るし、バイナリーオプションに興味があるけどまだ初めていないというそこの君。

迷っているうちに儲けるチャンスを棒に振る事になるから、まずはお試し感覚で低予算で取引ができるバイナリーオブション業者で取引を始めてみよう。

先生のおすすめのハイローオーストラリア(Highlow-Australia)は最低入金額が5,000円、最低取引額が1,000円と少ない資金で取引を始められるしおすすめの業者だし、業者選びに悩んだらさ参考にしてみてね。


初心者におすすめ!総合評価業者ランキング

ここでは実際に取引検証した中でパンくんが「 勝ちやすい」「 使いやすい」「 初心者向き」の3つのポイントと 損益を考慮して総合満足度が高い順にランキングにしてみました。

そしてパンくんが実際に取引検証して勝率が高い攻略法を業者別に出してるので、取引の参考にしてください。

ハイローオーストラリア(HighLow.com) ランキング1位

ハイローオーストラリア
損益 勝敗
1,897,154円 231勝108敗(勝率68.1%)
最低入金額 最低取引額
5,000円 1,000円

ザオプション(theoption) ランキング2位

ザオプションの業者画像
損益 勝敗
630,487円 72勝43敗(勝率62.6%)
最低入金額 最低取引額
5,000円 1,000円

ファイブスターズマーケッツ(FIVE STARS MARKETS) ランキング3位

ファイブスターズマーケッツ業者画像
損益 勝敗
515,752円 134勝81敗(勝率62.3%)
最低入金額 最低取引額
10,000円 500円

ゼン・トレーダー(zentrader)ランキング4位

ゼン・トレーダー画像
損益 勝敗
0円 0勝0敗(勝率0%)
最低入金額 最低取引額
5,000円 500円

トレード200(TRADE200) ランキング5位

トレード200の業者画像
損益 勝敗
383,955円 69勝48敗(勝率59.0%)
最低入金額 最低取引額
20,000円 200円

ソニックオプション(SONIC OPTION) ランキング6位

ソニックオプションの業者画像
損益 勝敗
357,218円 65勝46敗(勝率58.6%)
最低入金額 最低取引額
20,000円 500円